ビジネス系通信講座
ビジネス人間力シリーズ
ビジネス教養シリーズ
ビジネスエクササイズシリーズ
ビジネスマインド・文字力系通信講座
技能・特技系通信講座
造園・庭木・園芸関連
整備技術関連
美術・写真関連
一般個人として通信講座の受講を申込む
通信講座の法人受講および法人専用総合ガイドのお問合せ
当カレッジは「一般個人受講」と「法人受講」で受講生の管理システムが異なり、お申し込み手続き後の変更ができかねますので予めご注意ください。
法人のお客様へ
誠に申し訳ございませんが、このホームページからは「法人受講」のお申し込みができません。
「法人受講」に関する内容は当カレッジ法人事業部(TEL.03-3360-1223 /メールはこちら)までお問い合わせください。
写真作品創作塾 文部科学省認定社会通信教育

人の心を動かす感動的な作品を仕上げるために欠かせないのが、何と言っても表現力です。
そこで本講座では、はじめに理論を学んで、徐々に撮影の腕を磨いていく従来の一般的なスタイルとは異なり、まず良い作品を見て、それを参考に、さっそく実写してみるという実践的な学習方法を採用しました。これにより、あなたも写真を無理なく楽しみながら着実に展覧会やコンテストで入賞が狙える素晴らしい作品が撮れるようになります。

 
これから趣味としてカメラを楽しみたいと考えている方。
もっとうまい写真が撮りたいと思っている方。
幅広い写真の表現方法を学びたい方。
プロカメラマンの撮影技法を身につけたい方。
写真コンテストで入選・入賞をめざす方。

従来、写真は「花・風景・人物」 と、被写体のジャンルごとに撮影技法を学ぶのが 一般的でした。ところが、この方法だとジャンルごとに重複する技法も数多く、また、被写体の好みによっては 、大切なテクニックを見逃しがちになることも事実でした。
そのため、本講座では、全体のカリキュラムを魅せる表現法ごとに体系化することで、これまでの学びにくさを解消。様々な被写体に通用する生きた表現力が無駄なくマスターできますので、どなたでも上達を狙えます。

第一線で活躍中のプロカメラマン5名がテキストを共同執筆
魅力ある作品づくりに役立つ生きた表現法をお伝えしたい…そんな願いを込めた本講座は、テキストの執筆を、現在第一線で活躍中のプロカメラマン5名にご依頼しました。作品の完成度において、つねに高い水準が求められるプロの世界。その中で生きる全く作風の異なる個性派5名が“魅せるテクニック”を詳しく解き明かします。

実際に撮影した写真の実物添削で的確にアドバイスしますので、回を重ねるごとに写真が面白いように上達していきます。あなたの実力を着実に伸ばす充実の指導体制です。

全13回(修了試験1回を含む)にわたる本講座の作品指導では、毎回3点ずつの作品を提出していただくことにより、その時点におけるあなたの実力を総合的に判断。これによって技法上の弱点も明確になるため、あなたはそれを克服する方法についても、より詳しく親身なアドバイスを受けることができるのです。
しかも、こうした実力の診断結果を具体的に示すものとして、各作品の評価にはひと目でわかるレーダーチャートを使用。
あなたは、この表でご自身の実力を正しく把握し、講師の先生のアドバイスに従っていけば、真の魅力ある作品づくりに向けて、着実にステップアップを遂げられます。
 
本講座でレッスンを始め、ある程度の技術が身についたら、あなたも展覧会やコンテストに応募して、ご自身の力量を試してください。こうした場へのご参加は、単に技術向上の励みとなるだけでなく、本格的なプロを目指す方にとっても、作品を世に出す絶好の登竜門になります。そのため、当カレッジでも写真愛好家の皆様に広く作品発表の場をご提供するものとして、毎年1回、全国規模の公募展「総合写真展」を開催。北海道から沖縄まで・・・全国から多数の力作が集まる本展では、文部科学大臣賞をはじめ栄えある大賞ご受賞者を多数輩出しております。



テキストは、プロやコンテスト入賞者の作品をオールカラーで紹介した「参考例題作品編」と、作品編に完全見開き対応で撮影技法を解説する「解説指導編」の2部構成。

作品編ではプロの作品に加え、コンテストに入賞した一般写真愛好家の作品を撮影データやプロの寸評とともに全点オールカラーで多数掲載。 作品を鑑賞しながら楽しく創作のイメージを膨らませていただけます。

指導編では作品編で掲載した個々の作品を撮るための実践的なテクニックをはじめ、 それぞれの評価ポイントと実写に向けた被写体の選び方、撮影機材に関するアドバイスなど具体的な写し方について詳細に解説。イメージ通りの作品が自在に撮れる確かな実力が身につきます。

現役第一線で活躍中のプロカメラマン5名による生きた表現法が満載ですので、魅せる作品づくりのノウハウが、自宅で楽しく身につけられます。

頼れる写真百科
「実写補助指導書」
写真の基礎知識や基本技法、用語解説などをわかりやすくまとめてあります。初めての方でもこれなら安心です。
フォトマスター検定対応版
添削後の作品と講評を
1冊に保管できる
「ステップアップファイル

講評指導後に戻ってきた作品と講評用紙を、修了作品も含む全13回分綴じられるほか、課題以外の作品も合計26点ファイルが可能。あなたの上達していく経緯を克明に記録することができる優れた1冊です。
一眼レフから、デジタル、コンパクトカメラまで
本講座では、カメラの機種を問わず、それぞれの単元ごとに銀塩(フィルム)カメラとデジタルカメラ、一眼レフカメラとコンパクトカメラといった各機種別の撮影法もできる限り解説。どなたでも現在お手持ちのカメラを使って、本格的な作品づくりに挑戦していただけます。

【教材セット】
一部変更する場合があります。
テキスト「参考例題作品編」1〜3
テキスト「解説指導編」1〜3
テキスト4
ガイドブック
実写補助指導書
(フォトマスター検定対応版)
ステップアップファイル
添削・質問関係書類一式

一般個人受講料

誠に申し訳ございませんが、このホームページからは「法人受講」のお申し込みができません。
一括払い 44,000円 全国どこでも
送料無料
分割払い 2,980円×15回 (15ヶ月)総計:44,700円
受講についてのお知らせ
文部科学省認定社会通信教育とは?…… 社会教育法に基づいて学校法人又は社団法人、財団法人などが行う通信教育で、社会教育上推奨すべき通信講座を、文部科学省が認定しています。
日本全国どこでも送料無料でお届けします。
上記受講料は、教材費、添削費、質問費、消費税などを含みます。
教材を開封されて、万一お気に召さなかった場合や、ご受講を取り消される場合、未使用で教材到着後8日以内ならご返品できます。(取り消し料不要、返送料のみご負担ください。)
「一般個人受講」のお支払は、郵便振替またはコンビニ決済がお選びいただけます。(手数料お客様負担)

お申込み・お問合せはこちらから

一般個人として通信講座の受講を申込む 通信講座の法人受講および法人専用総合ガイドのお問合せ
ご注意
「法人受講」のお申し込みにつきましては、お手数ですが当カレッジ法人事業部(TEL.03-3360-1223メールこちら)にお問合せください。
ご自分の該当が「一般個人受講」か「法人受講」か判らない場合は、お申し込み手続きの前にお手数ですが上記までお問い合わせください。