軽井沢千住博美術館

軽井沢千住博美術館敷地内に併設のギャラリーで開催※ギャラリーのみの入場料は無料。休館日や開館時間等は美術館に準じます。

作品名「朝・水辺」

軽井沢千住博美術館では2021年6月3日(木)~7月4日(日)にかけて「千住博版画展」を開催いたします。
高校時代に「版画藝術」という雑誌を毎回買い求め、端から端まで読み研究し版画家を夢見ていた千住博は、東京藝術大学の日本画科に進み、今なお天然の岩絵の具で表現を追求し続けています。
美術の世界に興味を持ったのも版画のおかげと語る千住博にとって、版画技法を利用したフレスコペーパーによる壁画など、数多くの版画作品を制作することはごく自然なことだったといいます。
画業40年の中で、日本画を描きながらも紙質や色彩にこだわりを持って制作されてきた版画作品を、初期のものから最新作まで一堂に展覧いたします。皆様お誘いあわせの上、是非とも足をお運びください。

作品名「満開の瀧桜」